分煙機のメンテナンス

喫煙者によるタバコの副流煙や臭いが、非喫煙者に対して影響を与えないように、現在は様々な所で分煙化などが進んでいます。

分煙対策の手段として、よく用いられるのが分煙機です。

これは、タバコの煙を吸い込み、タバコの有害な成分を分解する機械ですが、煙を吸い込むことによって、タバコによるヤニ汚れの防止にもなっています。

また、脱臭効果があるタイプなどもあります。



しかし、定期的なメンテナンスを怠れば、分煙機による最大限の効果を発揮することができないため、注意が必要となります。

特にメンテナンス面で重要となるのが、定期的なフィルターの清掃や交換です。

24時間換気との上手な付き合い方をお知らせします。

フィルター部分にホコリが溜まってしまうと、煙を吸い込む力が低下してしまい、十分な効果が得られません。


また、ホコリによる吸煙力の低下だけでなく、フィルターに付着したヤニ汚れの放置も問題となります。
分煙機は、煙から有害な成分を取り除いた後、排気するのですが、フィルターにヤニ汚れが溜まっていると、ヤニの臭いも一緒に排気されてしまいます。それだけでなく、分煙機を停止している時でも、フィルターに溜まったヤニの影響により、タバコの臭いがしてしまいます。



もし、時間帯によっての分煙を行っている場所の場合では、禁煙時間で分煙機を停止していたとしても、タバコの臭いがする可能性があります。
そのため、分煙効果を高めるためにも、フィルターの定期的な清掃や交換が非常に重要となります。